studio KAI* | スタジオ貝*, 1999年–2008年の制作物

1

1999–2008

ニグラス

Nov., 2008

イラストレーション

コーヒー飲みにカルティオを使うのは、学生時代のアパートの隣人の模倣。

イラストレーション

Illustrator パス

illustration, Kartio | イラスト, 2色の影で表現した2つのグラスタンブラー

ファxxx子

Sep., 2008

イラストレーション

あいさつ代わりに。

イラストレーション

ボールペン

illustration, cute girl | イラスト, 中指を立てた女の子

色面構成

Feb., 2008

イラストレーション

心地良い色を混ぜ合わせた。

イラストレーション

Illustrator パス

illustration, color composition | 緑・黄・赤の透過による色面構成

ターナー

May, 2007

イラストレーション

なぜ自分たちはいつも搾取される存在であるのかを討議する様。

イラストレーション

ボールペン, 色鉛筆

illustration, Turner Acryl Gouache  | イラスト, 絞り尽くされたアクリルガッシュのチューブ

銀河への哀歌——
内藤健治歌集/
ジャケット原案

Feb.–Mar., 2007

デザイン原案
イラストレーション

知人による歌集のジャケットデザインを原案として制作。
 当時は印刷物制作の知識が足りず、入稿まで手掛けることができなかったが、著者と打合せをし、原稿を読みながらデザイン案を練った。

///

実装幀, 制作 :
Sanada Koji/
真田幸文堂(旧 椿graphics)

和歌集のジャケット原案

四六判 並製

「鈍く輝く銀河」と「輝くような題字」という著者のご要望を実現するために、銀河のイラストに特色銀、題字に銀箔押しを用いたデザインを出版社サイドに提案。原案を尊重するかたちで仕上げていただいた。

実装幀は 椿graphics の Sanada Koji 氏による。

graphic design, WAKA book, jacket | 装丁原案, 内藤健治歌集「銀河への哀歌」のジャケット表紙

題字の箔押し

鏡面光沢の銀箔押し。

detail, title | 「銀河への哀歌」銀箔押し題字の光沢

portable pocket 2/
ショルダーバッグ

Feb.–Mar., 2007

プロダクトデザイン

「ポケットを増やして持ち歩く」というコンセプトで、気軽に引っ掛けて持ち歩くショルダーバッグ。
 A4サイズが入る「大ポケット」とひと回り小さい「小ポケット」のふたつをベルトで吊る構造。いずれかが不要な場合は外すこともできる。

ショルダーバッグ

帆布

handicraft, shoulder bag | 大小ふたつのバッグで構成されたショルダーバッグ

Citroen

Apr., 2006

イラストレーション

「Pen」に載っていた古いシトロエン。

イラストレーション

ボールペン

illustration, Citroen AX1.4 Gti | スケッチ, シトロエンのハッチバック車

愛用品のイラスト

2005

イラストレーション

自作のショルダーバッグの「普段の持ち物を効率よく小さくまとめる」という特徴を、ポートフォリオ上で図示するために描いたものの一部。

冊子挿絵

ピグメントペン,
Photoshop着彩

illustration, wallet | イラスト, 吉田鞄の財布illustration, Walkman | イラスト, SONYのウォークマンillustration, writing tools | イラスト, ロットリングのシャープペンシル、パイロットのHI-TEC-C、三菱鉛筆のカラーマーカー、トンボのMONOillustration, mobile phone | イラスト, auの携帯電話 talbyの背面

portable pocket/
ショルダーバッグ

Oct., 2003

プロダクトデザイン

「ポケットを増やして持ち歩く」というコンセプトで、気軽に引っ掛けて持ち歩くショルダーバッグ。
 できる限り小さく薄くまとまるように、いつも持ち歩く道具類に合わせて全体のサイズや内ポケットの配置などを設計した。

ショルダーバッグ

帆布

handicraft, shoulder bag | 帆布のショルダーバッグ

117/365/2003/
カレンダーブック

May–Nov., 2002

造本設計
グラフィックデザイン
タイプフェイスデザイン

休日と平日を別ページに分けて記載したカレンダーブック。商品名「117/365/2003」は、2003年の365日のうち土曜含む休日が117日あることを意味する。
 大学の課題で制作した作品のリデザインで、販売を目標とした同級生6人による共同制作。

///

共同制作: KOYOMIHYOUKEIKAKU by
Ishii Kampo,
Ono Keiji,
Kawamura Yusuke,
Shibuta Yu,
Nakazawa Toshinori,
Hibino Hideki

カレンダーブック, 外装箱

A5判 ハードカバー装,
顔料インクジェット

© KOYOMIHYOUKEIKAKU

book design, calendar book | ハードカバー装のカレンダーブック, 外箱付き

休日ページに平日ページを重ねた状態。

© KOYOMIHYOUKEIKAKU

detail, book design | 造本ディテール, 平日ページの穴から次ページの休日記載が覗く仕掛け

専用書体

© KOYOMIHYOUKEIKAKU

typeface design, lettering | 直線直角45度斜線のみで構成されたジオメトリックアルファベット, レタリング

鯵/
セロハンステンシル

May, 2001

イラストレーション

鯵の造形的特徴を捉えて単純化し、カラーセロハンのステンシルで表現するという大学2年時の短期課題での制作。

カラーセロハンステンシル

A2イラストボード

stencil, horse mackerel | 細かい四角形の窓をモザイク調に並べて鯵を表現したステンシル画

stencil, horse mackerel | 鯵の顔部分のアップ

鉛筆デッサン 
工業デザイン系受験対策

3rd quarter, 1999
–1st quarter, 2000

鉛筆デッサン

受験対策デッサン。
 工業デザイン系への進路をほぼ固定していたので、デッサンを習い始めた当初から工業製品主体の静物が多い。金属や硝子などの硬いものが得意で、布や植物など柔らかく不定形なものは苦手だった。

想定デッサン

B3ケント紙,
鉛筆,
画像クリックで拡大 [↵]

TAUプロダクトデザイン専攻入試の想定デッサン対策。
ライトのシェードとクランプ部分が想定描写箇所。

pencil dessin | 静物想定デッサン, アームライトのランプシェードを唇の意匠に、クランプ部を入れ歯に変更して描画, 工業デザイン系受験 | [クリックで拡大]

静物デッサン

B3ケント紙,
鉛筆,
画像クリックで拡大 [↵]

pencil dessin | 静物デッサン, カクテルグラスやビール瓶などガラス、植物、布、金属ボウル, 工業デザイン系受験 | [クリックで拡大]

静物デッサン

B3ケント紙,
鉛筆,
画像クリックで拡大 [↵]

pencil dessin | 静物デッサン, ティッシュ箱、クランプライト、電気コード、新聞紙, 工業デザイン系受験 | [クリックで拡大]

静物デッサン

B3ケント紙,
鉛筆,
画像クリックで拡大 [↵]

pencil dessin | 静物デッサン, ポリタンクと灯油ポンプ, 工業デザイン系受験 | [クリックで拡大]

静物デッサン

B3ケント紙,
鉛筆,
画像クリックで拡大 [↵]

pencil dessin | 静物デッサン, 鉄フライパンとスプレー洗剤, 工業デザイン系受験 | [クリックで拡大]

next/prev

2

2008

スタジオ貝*/studio KAI*

岡山市北区

印刷物のデザインやイラストレーションなどの制作請負

E-mail: ono.keiji.net*gmail.com *=@ に変換
お気軽にお問合せください。

小野 敬司/Ono Keiji

グラフィックデザイナー/イラストレーター